Welcome

本研究室では、現在日本が世界をリードしているBファクトリーを用いた実験(粒子・反粒子対称性の破れ、新物理の探索)、ニュートリノ質量、ニュートリノ振動の研究など幅広い物理実験を展開しています。
また低速陽電子を用いた、ポジトロニウムの多光子稀崩壊、熱脱離ポジトロニウムの生成など、ユニークな装置を用いての実験研究も進められています。

更新情報

2016/7/14
Galleryを更新しました
2016/4/14
Memberを更新しました
2015/11/11
Topicsを更新、Galleryにゼミ合宿、オープンラボを追加しました

Topics

2015/9/25-28 日本物理学会@大阪市立大学

発表タイトル一覧(発表順)

今野智之 Belle II検出器・データ収集制御ソフトウェアシステムの現状
柿崎正貴 二重β崩壊実験DCBAの現状とシミュレーションによる検出器性能評価
梶原春花 Belle II実験におけるレベル3ソフトウェアトリガーの開発

2015/3/21-24 日本物理学会@早稲田大学

発表タイトル一覧(発表順)

角野秀一 DCBAによる二重ベータ崩壊実験XVIII
千葉雅美 超高エネルギーニュートリノ岩塩検出器のレーダー反射波位相からの位置測定
吉田圭佑 Belle II実験におけるAerogel RICH用読み出しシステムの現状
神田泰地 ポジトロニウムの5光子崩壊事象検出の改良

2014/10.11.12 高エネルギーニュース 記事掲載

JAHEPの発行する高エネルギーニュース2014年10-12月号に、当研究室から三名の記事が掲載されました。

Double Chooz 実験の現状と今後
首都大理工/松原綱之、東北大ニュートリノセンター/Emmanuel Chauveau
Belle II 実験のデータ収集システム
KEK素/伊藤領介、中尾幹彦、山田悟、KEK計算科学センター/鈴木聡、首都大/今野智之、東大KavliIPMU/樋口岳雄
CERN Summer Student Programme 2014 参加報告
首都大理工/梶原春花
記事はこちらからご覧ください。

2014/9/18-21 日本物理学会@佐賀大学

発表タイトル一覧(発表順)

清水沙也香 Double Chooz前置検出器を用いたステライルニュートリノの探査可能性の研究
角野秀一 DCBAによる二重ベータ崩壊実験XVII
伊東孝之 二重ベータ崩壊実験DCBA-T3における飛跡検出器と読み出し機器の開発
今野智之 Design and Implementation of Slow Control in Belle II DAQ
吉田圭佑 Belle II実験におけるAerogel RICH用読み出しASICの量産品性能評価

2014/7/1 3rd Publication

最新の測定結果をまとめた論文がarXiv:1406.7763に掲載されました。 論文はこちら

2014/6/4-8 TIPP2014@Amsterdam

Belle II実験用(の粒子識別装置A-RICH)の光検出器 HAPD とその読出し回路の開発状況について口頭発表を行いました。

Shuichi Iwata Development of Hybrid Avalanche Photo Detector
and its Readout Electronics for the Belle II Aerogel RICH counter

2014/4/25 Matheu Lamoureuxくん来日

フランス・パリ11大学より留学生のマシュー君がいらっしゃいました。
三ヶ月間本研究室で一緒に過ごす予定です。

2014/3/27-30 日本物理学会@東海大学

発表タイトル一覧(発表順)

伊東孝行 二重ベータ崩壊実験MTD用大型ドリフトチェンバーの開発II
千葉雅美 岩塩と氷を検出媒質した超高エネルギーニュートリノ検出器のための
電子ビームの照射の電波反射のシミュレーション
吉田圭佑 Belle II実験Aerogel RICH用読み出しASICの量産とその性能評価
岩田修一 Belle II実験用粒子識別装置A-RICHにおける解析手法の確立と識別能力の評価
汲田哲郎 ポジトロニウム5光子崩壊事象の観測とバックグラウンドの評価
角野秀一 DCBA 実験の現状と MTD 実験計画
今野智之 Measurement of reactor anti-neutrino disappearance
using the Double Chooz detector (若手奨励賞受賞記念講演)
松原綱之 Double Chooz実験におけるガドリニウムの中性子捕獲事象を用いたθ13測定

2014/1/23 記者発表

准教授の角野秀一さんらの研究成果「宇宙線ミュオンを用いた原子炉の調査」について記者発表が行われました。 http://www.tmu.ac.jp/news/topics/7289.html http://www.47news.jp/CN/201401/CN2014012301000692.html

2013/11/21 博士論文賞受賞

学振PDの今野智之さんが、第8回日本物理学会若手奨励賞および2013年度高エネルギー物理学奨励賞を受賞しました。

2013/11/11-13 NNN13@柏

原子炉ニュートリノ実験に関する発表(Reactor θ13 review)を行いました。

2013/10/29 IEEE国際学会@Seoul

M1の伊東孝行さんが浜松ホトニクスなどと共同開発中の検出器Gas-PMTについてポスター発表を行いました。

2013/9/20-23 日本物理学会@広島大学

発表タイトル一覧(発表順)

山見仁美 ポジトロニウムの5光子消滅反応の測定結果とQED計算との比較
千葉雅美 岩塩または氷を利用した超高エネルギーニュートリノ検出器のための電子ビームの照射による電波反射測定
矢野浩之 岩塩または氷を利用した超高エネルギーニュートリノ検出器のための電子ビームの照射による電波反射のシミュレーション
岩田修一 Belle II実験用粒子識別装置A-RICHの電子ビームによるプロトタイプ性能評価
前田順平 Double Chooz実験の解析の現状と前置検出器建設状況

2013/7/29 EPS-HEP 2013国際会議@Stockholm

ニュートリノ反応による中性子がガドリニウムに吸収された事象と水素に吸収された事象を合わせて解析することにより、ニュートリノ混合角の測定精度を向上させた結果を発表しました。 プレスリリース

2013/7/19 νμ→νeを決定的に示す結果を発表

T2K国際共同実験グループは、高純度のミューニュートリノビームがJ-PARC加速器施設からスーパーカミオカンデ地下ニュートリノ検出器までの295kmの距離を飛行する間に、電子ニュートリノが出現することを確実に観測したことを報告する論文を発表しました。 論文はこちら

2013/5/12-29 A-RICH ビームテスト

DESY(Germeny)にてAerogel RICHのビームテストを行いました。

連絡先

  • 〒192-0397
    東京都八王子市南大沢1-1
    8号館490室

    首都大学東京大学院
    理工学研究科 物理学専攻
    高エネルギー実験研究室

    FAX&TEL
    042-677-2500(直)